お酒に合う青汁?!生青汁の生きた酵素と乳酸菌で健康を実感 | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






お酒に合う青汁?!生青汁の生きた酵素と乳酸菌で健康を実感

生青汁の写真

おすすめ度:

「生青汁」の生は、生きた乳酸菌生きた酵素が含まれているということが由来になっています。野菜不足解消だけでなく、腸内環境を整えてスッキリ効果を実感させてくれる201億個もの乳酸菌と、生きていく上で必要不可欠な成分である消化・代謝・食物の3つの酵素をしっかり摂ることができます。青汁の原料としては、ケール・明日葉・大麦若葉の3大原料が使われています。

基本情報
タイプ 内容量 1日の摂取量 お試し価格 カロリー
粉末 3g×30包 1~3包 あり 11.61kcal (1包当たり)
価格・送料
購入方法 価格 1包当たり 送料 一時お休み制度
単品購入 3,888円 約130円 (※1)500円~900円
定期購入 3,240円 約108円 無料 あり
*価格・送料は税込金額を表示しています。
(※1)送料は届け先によって異なります(北海道:800円、東北:600円、関東/信越/中部/北陸:500円、関西:600円、中国/四国:700円、九州:800円、沖縄:900円)

公式サイトで購入する!

生青汁の特徴

1杯201億個の乳酸菌は業界最多レベル

乳酸菌は熱に弱いため、青汁など食品の加工過程でほとんどが死滅してしまいます。生青汁の製造方法は、低音でゆっくりと乾燥させて作られているので、生きたままの乳酸菌を摂ることができます。なのでスッキリの効果を実感しやすく、腸内環境の改善は美容効果にも役立ちます。

3つの酵素

酵素は大きく、体内酵素(消化酵素・代謝酵素)と体外摂取酵素(食物酵素・腸内細菌酵素)に分類できます。酵素は、新陳代謝や血液の循環、食べ物の消化や老廃物の排出など、身体の様々な働きに必要不可欠な成分です。そして人間の体内で生産される酵素の数には限りが有り、加齢によってその生産される数は減っていってしまいます。また、乳酸菌と同様に酵素も熱に弱い性質を持っています。生青汁は低温で乾燥させて作られているので、生野菜に含まれる生きた酵素を摂取することができます

味にも注目!お酒にあう絶妙ブレンド

健康食品の1つである青汁にはめずらしく、生青汁は「お酒に合う青汁」としても紹介されています。ケールを含む3大原料が含まれているため、少し味の方も気になりますよね。そこで日本人が好む緑茶とほうじ茶をバランス良くブレンドした飲みやすい仕上がりになっているそうです。そしてその絶妙なブレンドは、チューハイやモヒート、ビールにハイボールと、色々なお酒と相性のいいスッキリとした味わいです。「お酒は飲みたいけど、健康も気になってきたな」という方は、青汁割りから試してみてはいかがでしょうか?

生青汁の口コミってどうなの?

実際に飲んだ方の口コミはこんな感じです。

 口コミ・体験談
お茶の風味でとっても飲みやすい青汁です。美容と健康はいつでも気にかけているので、良い青汁に出会えました。
生青汁で割ってお酒を飲むと、なんとなくですが翌日の寝起きがよく、今までと違った感じがしました。
勧められて飲んだ生青汁ハイ。最初は少し抵抗があったものの、ウーロンハイや緑茶ハイと変わりなく美味しく飲めました。
もともと美味しいので、お酒で割ってもすごく飲みやすいですね。

お酒と一緒に飲むという点で、青汁を初めて飲む方でも「試しに飲んでみようかな」と気軽に入れるようですね。お酒が好きな方には、続けやすい1つの飲み方ですね。もちろんそのままでも、牛乳などに混ぜても美味しく飲める青汁です!

公式サイトで生青汁の詳細を見る