青汁はこんな人におすすめ! | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






青汁はこんな人におすすめ!

青汁が発売された最初の頃は、主に50代以降の中高年の方たちに多く支持されていました。カラダのあちこちに不調を感じ始める年代なので、苦くても野菜不足を解消できる青汁は、まさにうってつけだったからです。しかし、今では各メーカーの努力によって、子どもでも飲みやすいように工夫された青汁がたくさんあります。そのため、最近では老若男女を問わず青汁を飲む人が年々増えてきています。誰でもおいしく飲めるようになった青汁は、野菜が不足しているすべての人におすすめですが、その中でも特にこんな人にはおすすめです。

忙しい人

仕事・家事・育児などで多忙な日々を送っていると、なかなか栄養バランスにまで気を配ることは難しいですよね。特に一人暮らしで「朝はギリギリまで寝ていたい」と朝ご飯を摂らないことが習慣になっている方は要注意です。朝ご飯を抜くと、前日の夜ご飯を食べてから朝ご飯までの長い間何も食べていないことになり、 危機を感じたカラダは生き延びるために脂肪などを溜めこもうとしてしまうのです。

青汁なら、ヨーグルトに溶かして朝食にしたり、持ち歩いてランチタイムに手軽に飲むこともできるので、時間や手間をかけずに野菜不足を解消するにはぴったりです。青汁を飲み始めて効果が出るまでにはしばらくかかりますが、野菜不足が解消されると様々な栄養素が体内に働いて、身体が軽くなる・精神的にストレスに強くなる・イライラする事が減るなど、忙しさは変えられなくても、身体が感じる忙しさや疲れの軽減につながりそうですね。

疲れやすい人

体内からビタミンやミネラルが不足すると、免疫力が低下したり糖代謝が落ちたりして疲れやすくなります。疲れがたまっていると感じなくても、季節の移り目で体調が悪くなる人や夏バテしやすいという人も注意してください。 ビタミンやミネラルは野菜に多く含まれている栄養素なので、疲れやすくなる原因の一つとして野菜不足が考えられます。

しかし、毎日大量の野菜を摂ることは難しいですよね?成人が摂取するように推奨されている野菜の量は、1日当たり350gとされていて、大きいサラダボウルに野菜を山盛りに詰め込んだぐらいの量です。これだけの量の野菜を毎日摂るには、調理する手間や時間がとてもかかってしまいます。そこでおすすめしたいのが青汁です。青汁なら、手間や時間をかけずに野菜の優れた栄養をバランスよく摂ることができるので、てっとり早く野菜不足を解消することができます。

外食中心の人

一人暮らしの場合などは特に、外食中心の食事になってしまうことが多いですよね。特に若いときは、食事の目的が「お腹いっぱい食べること」になっていたり、知らず知らず「好きなものだけ食べる」習慣がついていないか注意が必要です。外食中心のの場合、栄養バランスが崩れやすいため野菜が不足しがちです。糖質や肉中心の食事の場合、更に多くのビタミン・ミネラルを摂取する必要があります。また、栄養バランスが偏った食事は、体力がつかない・疲れやすくなるという原因にもなります。

最近は栄養バランスに考慮したメニューやお弁当を提供してくれるお店も増えていますが、お金が掛かってしまったり特定のお店が近くになかったりする場合、すぐに食生活は変えることは難しいでしょう。そんなときは、食事に1杯の青汁をプラスするだけで、安く簡単にビタミン・ミネラルを摂取できるのでとてもおすすめです。

食欲がない人

夏バテや、風邪を引いたときなど、食欲不振で十分な量の食事が摂れないときに、短時間で手軽に栄養補給ができるものとして重宝するのが青汁です。食欲がないからと言って食べずにいると、カラダが回復しないどころか、ますます悪くなる一方です。青汁には、ビタミンや食物繊維、ミネラルやカリウムなど、人間にとって必要な栄養素がたっぷり含まれているので、食欲がない人にも最適です。

また、青汁の原料としてよく使われるケールには、アルコールを分解する成分が含まれているので、二日酔いにも効果的です。お酒を飲みすぎた翌日は、食欲が低下したりすることもありますよね?青汁なら、アルコールを分解すると同時に栄養も補給できるので、一石二鳥の働きをしてくれます。

他にもおすすめしたい人はいっぱいいます!

特におすすめしたい人として、いくつか例を挙げてみましたが、「青汁で便秘が解消できる!」「青汁で花粉症対策ができる!」でも書いている通り、便秘に悩んでいる人や、花粉症に悩んでいる人など、青汁をおすすめしたい人は他にもいっぱいいます。また、明日葉を原料とする青汁は、ガン予防にも良いとされているので、ぶっちゃけ健康な人にもおすすめです。ただし、青汁は薬品ではないので、1日か2日飲んだからといって望む効果がすぐに得られるわけではありません。ですので、継続して飲み続けることができない人には向いていないかもしれません。