子どもや妊婦は飲んでもいいの? | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






子どもや妊婦は飲んでもいいの?

青汁は食品に分類されるので、基本的にはお子さんも妊娠中・授乳中の方でも、飲んで問題はないでしょう。体調やアレルギーなど、個人によっては不都合の出てくる成分が含まれている場合もありますので、事前に含まれている成分を確認することをおすすめします。

また、メーカーによっては、乳幼児や妊娠・授乳中は控えるよう記載がある場合もあるので、不安のある方は公式サイトを確認、またはメーカーお問合わせの上で青汁を活用してください。

子どもの場合

乳幼児に与えるときは

青汁は野菜不足を補う目的が強いため、乳幼児においては、野菜を咀嚼できる段階になってから与えることが好ましいようです。また、離乳食の後期などからお粥やスープに混ぜて与えると、青汁の味に慣れて野菜嫌いにならない子どもになるとも言われています。乳幼児に与える際は、慎重に様子を見ながら少量ずつ、を心がけてください。あまりに幼い頃に与えると、アレルギーを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

好き嫌いの多い時期に

幼稚園児や小学生など、野菜を特に嫌がる年齢の子どもにとって、青汁は野菜不足解消に役立つでしょう。まずはカレーやスープなど食事に混ぜて与えたり、牛乳にハチミツと混ぜておやつと一緒に与えるなど、いつもの食事やおやつにプラスしてみるといいでしょう。

イライラしやすい、集中力が続かない、風邪を引きやすい、食べているのに体が小さいなど、気になる点があれば青汁を試してみてください。食事よりもお菓子や甘いものを多く食べてしまうなど、偏った食生活が続くと、大人でも子どもでも身体に支障が出てきます。ビタミン・ミネラルなど体に必要な栄養素を摂ることができれば、徐々に体は強くなり、好き嫌いも軽減されるそうです。

妊娠・授乳中の場合

妊娠・授乳中の方は

妊娠・授乳中に積極的に摂りたい栄養素として、葉酸、鉄分、タンパク質、カルシウム、ビタミン、食物繊維が挙げられます。お母さんと赤ちゃんのどちらにも必要で重要な栄養素なので、これらが多く含まれた青汁を選んでみてください。つわりが酷くて食事自体摂ることが難しい場合、ユーグレナやスピルリナなど藻類を原材料とした青汁がおすすめです。肉と魚の栄養素も含まれているため、植物性・動物性どちらの栄養素も摂ることができます。

妊娠・授乳中は、アルコールや喫煙の制限はもちろんのこと、ビタミンAやビタミンDなどの脂溶性ビタミンや、塩分・糖分・脂質などの摂り過ぎも注意が必要です。気を付けるべきことも多いですが、好きなものを美味しく食べて、ストレスにならない程度に食事や運動に配慮して、健康的に過ごしていきたい大切な時期ですね。

生理痛や生理不順にも

女性の悩みの1つに、酷い生理痛や生理不順なども挙げられるでしょう。生理痛・生理不順のどちらも女性ホルモンのバランスが崩れることが原因と言われています。ホルモンバランスが崩れてしまう原因はいくつかあります。

ストレス、睡眠不足、運動不足、そして食生活の乱れが考えられます。人間関係に疲れている、打ち込める趣味がない、スマホやゲームで睡眠時間が削られている、普段階段を使わない、甘い物や揚げ物など偏った食事を続けているなど、何気ない行動や選択が積み重なることで、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうそうです。生理痛は市販薬や病院から処方される薬で軽減できることも多いですが、なるべく体に負担をかけず、健やかな日常を心がけて改善できるといいですね。