青汁を飲むことで摂取できる栄養素とその効果 | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






青汁を飲むことで摂取できる栄養素とその効果

野菜が不足しがちの人にとって、健康維持のためにいいとされている青汁ですが、実際の効果ってどうなんだろう?という方も少なくないと思います。そこで、ここでは青汁で摂取できる栄養素とその効果について書いてみたいと思います。

ほとんどの青汁に含まれる栄養素

「青汁にはどんな種類(原料)があるの?」でも書きましたが、ひと言で青汁といっても、製品によって原材料が異なります。例えば、ケールを主原料にしているものや、大麦若葉や明日葉などを使用しているもの、幾種類かのものをブレンドしているものなど様々です。しかし、ほとんどの青汁には共通して次のような栄養素が含まれています。

  • β-カロテン
    • 粘膜を健康に保つ働きがあるほか、夜盲症(暗い場所で物が見えにくい、目が慣れないなど)や視力の低下を予防することができます。皮膚の新陳代謝を促す働きもあるため、美肌効果も期待できます。
    • 体内でビタミンAに変換されます。ビタミンA自体を過剰摂取した場合、頭痛・筋肉痛・胎児の奇形(妊娠中の場合)などが懸念されますが、βカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換してくれて、余った分は尿などから体外に排出されるので、過剰摂取の心配はありません。
  • ビタミンB群
    • 炭水化物や脂肪など三大栄養素の代謝、エネルギー生成に関わっているビタミンです。また、睡眠の質をよくする作用もあります。
    • ビタミンB群はビタミンB1(チアミン)、B2(リボフラビン)、ナイアシン(B3)、パントテン酸(B5)、B6(ピリドキシン)、ビオチン(B7)、葉酸(B9)、B12(コバラミン)の8種類とされています。
  • ビタミンC
    • コラーゲンの合成をサポートしたり、紫外線を受けてメラニンを生成するチロシナーゼの働きを阻害してくれるため、美肌効果があります。ビタミンEと一緒に働くことで相乗効果があるとされ、LDLコレステロールの酸化を抑えるなどの抗酸化作用もあります。また、風邪の予防や疲労回復などの効果もあり、健康維持には欠かせないビタミンです。
    • 腎機能障害のある方が摂りすぎた場合、腎シュウ酸結石のリスクが高まるという報告もあります。
  • ビタミンE
    • 若返りのビタミンとも呼ばれているように、アンチエイジング効果の高いビタミンです。血行を促進し、血管や肌を若く保つのに作用します。
    • 主に細胞の膜の中に存在し、福神・肝臓・心筋・睾丸・子宮などの多くの組織に蓄えられています。細胞膜には酸化されやすい不飽和脂肪酸も含まれており、この不飽和脂肪酸が酸化して出来てしまう過酸化脂質の生成を抑える働きがあり、老化やガン・動脈硬化などの予防に効果があると考えられています。
  • カルシウム
    • 丈夫な骨や歯を形成するために必要なミネラルです。体内カルシウムの99%が骨と歯に存在します。また、成長ホルモンを始めとするホルモンの分泌や、血液の凝固など、多くの生理機能の調整にも関与しています。また、心臓を正しく拍動させるなど、筋肉を収縮させる働きにも必要不可欠な存在でもあります。
    • 最近では、骨や歯に関すること以外でも健康効果が多くあることがわかってきました。抗肥満効果・血圧低下効果・HDL(善玉)コレステロール増加効果などが挙げられ、これらはメタボリックシンドロームの予防にも繋がります。
  • 食物繊維
    • 不足すると、便秘がちになります。また、血糖値が急激に上昇するのを抑えたり、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。食物繊維には水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があります。
    • 不溶性食物繊維は、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にて摂取した食品の通過時間を短縮させたり、便の量を増加させ排泄を促します。腸内環境の改善・便秘や腸の病気予防に効果があります。
    • 水溶性食物繊維は、水分を吸収して膨張するため、摂取した食品の胃での滞留時間を長くします。そして小腸で糖が吸収されるときに、膨張した水溶性食物繊維により等は消化酵素と接しにくくなるため、吸収に伴う血糖値の上昇がおだやかになります。糖尿病や糖質異常症の予防や改善に効果があります。

このような有効成分が、どの青汁にも含まれているので、摂り続けることでそれぞれの栄養素が体内で有効に働くことが期待できます。結果として、健康維持はもちろんのこと、便秘解消やアンチエイジングといったことが可能になるのです。実際に、青汁を飲み続けている人の多くが、便秘が解消した!とアンケートに答えています。食物繊維が腸で作用し、それが便秘解消につながるのでしょう。

また、食物繊維により血糖値の急激な上昇が抑えられることで、脂肪がつきにくいカラダになることも期待できます。さらに、ビタミンB群が炭水化物や脂肪の燃焼を助けるため、ダイエットにも効果的といえます。青汁を一定期間飲み続けた結果、「体重が減った!」と答える人が多いのもうなずけます。これらのことを考えると、毎日の健康をサポートするために、健康補助の1つとして青汁を飲み続けるのは非常に効果的と言えます。