青汁はどうやって飲むの? | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






青汁はどうやって飲むの?

青汁には、粉末タイプや粒タイプなど、いくつかの種類があります。タイプ別に基本的な飲み方を書いておきます。メーカーごとに少し変わってきますが、基本的には好きなように飲んでもらってOKです。

「青汁の味は苦手だけど飲みたい」「もっとおいしく飲みたい」という方は、おいしく飲む方法の記事も参考にしてみてください。

基本的な飲み方

粉末タイプ

多くのメーカーでは、水やお好きな飲み物100mlに対して1包を溶かして飲む、という感じです。青汁によっては180mlや200mlなど、水の量が増える場合もありますが、基本的に好きな飲み物に溶かして飲んでもらえればOKです。または、料理に混ぜたり、アイスやヨーグルトにかけたりと、飲みやすい・食べやすい方法を探してみてください。

粒(錠剤)タイプ

メーカーによって「1回3粒」など指定された分を、水やぬるま湯などで飲みます。あまり大きい粒だと飲みにくいので、粒の大きさの確認も忘れずに。

ゼリータイプ

個包装の封を開けて、そのまま食べれるタイプです。水と一緒に飲む必要が無いのでコップなどの洗い物を出すこともありません。さらに常温でも食べやすい味が多いので、いつでもどこでも食べられます。

缶タイプ

缶ジュース・缶コーヒーと同じく、こちらもいつでもどこでも飲むことができます。ただ、冷やしたほうが飲みやすいものもあるので、そこだけ注意です。

ホットで飲んでもいいの?

熱に弱いビタミンCなど、加熱すると壊れてしまう栄養素も一部ありますが、たまにはホットで飲むのも良いでしょう。寒い日や寝つけない時などは、お湯やホットミルクに溶かして飲むなど、お好きな飲み方で「毎日続ける」ことが健康への近道です。