青汁の平均的な価格とコストパフォーマンスは? | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






青汁の平均的な価格とコストパフォーマンスは?

青汁をいざ購入しようと思ったとき、価格に開きがあることに気づいた人もいるのではないでしょうか。ここでは青汁の平均的な価格とコストパフォーマンスについて書いてみたいと思います。

安心して飲める良質な青汁の平均的な価格

テレビショッピングなどで「お買い得」として売られている青汁は3,000円から5,000円くらいするのに対し、ドラッグストアなどでは安価な青汁が1,000円弱で売られています。原料や容量に違いがない場合、どうしてこうも価格に開きがあるのだろう・・・と、疑問に思いますよね?それにはちゃんとした理由があります。

一般に、無添加で国産の、質のいい青汁を提供しようとしたら、3,000円を下ることはほぼないようです。安く売られている青汁のパッケージをよく確認してみてください。青汁に使用されている原材料の産地は明らかですか?「国内で加工」と書いてあるとしても、国産の原材料かどうかははっきりと表示していないかもしれません。仮に国産と記されていたとしても、産地までは明確ではないことがほとんどでしょう。

それに対して、3,000円以上で売られている青汁は、産地が明確に記されていることがほとんどです。しかも、幾種類かのものがブレンドされている場合は、それぞれの原材料の産地まで明確に記されています。それで、安心して飲むことができるわけです。さらに、3,000円以上で売られている青汁は、無農薬で栽培された原材料で無添加のものを販売していることがほとんどです。反対に、安く販売されている青汁になると、無農薬・無添加という表示が一切記入されていないことがほとんどだと思います。なので、「安い」というからには、それなりの理由があるからで、安全で安心して飲めるものを提供しようとすれば、それなりのコストがかかるということです。

そういうワケで、ある程度良質の、無添加で安心して飲める青汁を購入しようとすると、1箱30包で、だいたい平均して3,000円から4,000円くらいはかかると思ってください。

コスパで考えればお手頃価格

平均3,000円から4,000円くらいとなると、ちょっと高いかなぁと感じる人も少なくないと思います。しかし、1日に計算すると100円から130円くらいということになります。1日に、たった100円ちょっとで健康・美容にいいことができるのであれば、そこまで高いとは思わないですよね?缶ジュースを1本買って飲むのと同じ値段で、カラダの健康にいいものを摂り入れることができるのであれば、それは安い買い物と言えるのではないでしょうか。

健康は、害してから慌てて対策を取るよりも、常にカラダにいいものを摂るようにして予防に努める方がずっと楽です。是非、青汁を毎日の食事の一部として取り入れて、カラダの健康維持に役立ててください。