青汁にはどんな種類(原料)があるの? | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






青汁にはどんな種類(原料)があるの?

青汁は、使われている原料や加工法によって、飲んだ時の風味や含まれている栄養素、期待できる効能・効果などが変わってきます。では青汁にはどのような原料があるのでしょうか?ここでは青汁に使用される原料やその原料に含まれる栄養素などについて書いてみたいと思います。

代表的な青汁の原材料

ケール

ケールの写真

原料として最も有名なのがケールで、元はキャベツの原種だったと言われています。一年中栽培できるのでとても育てやすく、季節をいとわないほど生命力の強い野菜です。ケールの特徴はなんといってもその栄養価の高さです。β-カロテンやビタミンC・E、食物繊維、マグネシウム、ルテイン、クロロフィルなどがバランスよく豊富に含まれています。ただし、ケールには独特の苦みがあることから「飲みにくい」ことも特徴になっています。とはいえ、最近では、苦みや青臭さが強いケール青汁を、加工法を工夫したり、緑茶やレモン、豆乳など他の食材などをブレンドすることで飲みやすく改良されたものが増えてきているので、いろんなケール青汁を試してみるのもいいでしょう。

ケールの詳細を見る

大麦若葉(おおむぎわかば)

大麦若葉の写真

ケールの次に青汁の原料としてよく使われているのが、大麦若葉です。大麦若葉とは、イネ科の植物で名前の通り大麦の若葉になります。一般的に、青汁は「苦い」「美味しくない」というイメージがありますが、大麦若葉は匂いやクセがないのが特徴で、ケールの青汁よりも飲みやすいため、子どもや初めての人におすすめです。栄養素は、ビタミンAやC、ビタミンB群をはじめ、食物繊維、ミネラルやカリウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。そして、活性酸素を分解することができるとして注目を集めているSOD酵素が含まれていますので、アンチエイジング効果はもちろん、様々な病気の原因となるものを抑制する働きも期待できます。

大麦若葉の詳細を見る

明日葉(あしたば)

明日葉の写真

明日葉も青汁の原料として有名です。「今日葉を摘んでも、もう明日には芽が出ている」という強靭な生命力から、明日葉という名前が付きました。明日葉には、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムやカリウム、食物繊維などが豊富に含まれており、その栄養価の高さはケールに勝るともいわれています。さらに明日葉独自の「カルコン」と呼ばれる成分が含まれています。これは、明日葉の茎や根を切った時に出てくる黄色い汁のことです。このカルコンがカラダの中の巡りをよくし、お掃除をしてくれると注目されていて、美肌・ダイエット効果などが期待できると言われています。また、最近の研究ではガンに効く食材としても注目を集めています。

明日葉の詳細を見る

他にも様々な原材料があります

隈笹(くまざさ)

クマザサの写真

和名「クマザサ」と呼ばれる植物は、高さが1~2mにもなる大型のササで、葉に隈取り(くまどり:歌舞伎独特の化粧法)があることから隈笹という名前が付きました。また、総称として使われることもあり、チシマザサ・スズタケ・クマイザサ・チマキザサ・ミヤコザサなどもクマザサとして扱われています。特にクマイザサはクマザサと名前が一文字違いで、ともに青汁の原材料として使われているので何か違いがあるのかと思ってしまいますが、どちらも同じササの仲間なのでそう大きな違いはないようです。クマザサには必須アミノ酸9種のうち7種が含まれています。また、口臭・体臭予防、美肌効果なども期待できます。

桑の葉(くわのは)

kuwanoha01

桑の葉はお茶というイメージが強くあるかもしれませんが、最近では桑の葉を原料とした青汁も多く出てきています。桑の葉には食物繊維が豊富に含まれていて、善玉菌を減らさずに悪玉菌の繁殖を抑える作用もあるようです。また、ダイエット効果も高いことも人気の理由です。糖を分解する酵素の活性を阻害してくれるため、食事で取り込まれた糖質の吸収を抑制することができます。また、肝機能の強化・糖尿病の予防にも良いとされています。

長命草(ちょうめいそう)/ 牡丹防風(ぼたんぼうふう)

choumeisou01

近年、研究が進められその栄養価の高さから注目されるようになってきましたが、沖縄県では古くから食されているセリ科カワラボウフウ属の常緑多年草です。「長命草」は別名で、一般名はボタンボウフウです。沖縄では「1株食べると1日長生きする」と言われるほど、ビタミン・カルシウム・ポリフェノールが豊富に含まれている植物です。

ユーグレナ

midorimushi

学術名「ユーグレナ」、和名「ミドリムシ」という藻の一種です。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を含む自然界ではとても珍しい素材です。 ユーグレナ特有の「パラミロン」という成分は食物繊維の一種で、体内の毒素を排出してくれるデトックス効果が期待されています。 また、乳酸菌を活性化する効果を持つため、ヨーグルトとの食べ合わせがおすすめです。腸内環境の改善にも役立つので、肌トラブルや便秘にお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

モリンガ

moringa01

モリンガは葉、実、種、幹、枝、花、根の全てに栄養素が豊富に含まれていて、ミラクルツリー(奇跡の木)、マルンガイ(母親の友)、メディスンボックスツリー(薬箱の木)など、栄養豊富なことから付けられた名称がいくつもあります。約5,000年前に確立されたアーユルヴェーダというインド・スリランカの伝統医学(予防医学・治病医学)においても、「300もの病気を治すことのできる木」と活用されてきました。むくみ・冷え・肌荒れ解消や、中性脂肪の低下、ダイエットやアンチエイジングに効果が期待できると注目されるスーパーフードです。

シモン

shimon01

シモンは、シモン芋と呼ばれる南アメリカ原産の白甘藷(しろかんしょ/白サツマイモ)のことです。ビタミンや葉酸に加えて、カルシウム・カリウム・鉄分などのミネラル類、食物繊維などが豊富なので、コレステロールの過剰摂取を抑制してくれたり、体の代謝を助けてくれる嬉しい要素が多く含まれています。

よもぎ

よもぎの写真

青汁に使われている原料として少し珍しいのが、よもぎです。 よもぎが他の植物と違う点は、カラダを温める作用があるということです。昔からハーブの女王として多くの効能を持つよもぎは、煎じて飲むことで冷え症や便秘に効き、温熱効果があるので、美容に詳しい方たちの間で人気を集めています。よもぎの青汁は、冷えをはじめとした女性特有の症状を改善したいという方におすすめです。