成人が一日に摂取すべき野菜の量とは? | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






成人が一日に摂取すべき野菜の量とは?

健康的な食事の理想は、野菜や果物中心の食卓です。1日で5皿分、1食で1皿以上の野菜・果物が必要とされていて、それだけの量を食べるには調理方法の工夫が重要です。ここでは、成人が1日に必要な野菜の量について書いてみたいと思います。

2人に1人が充分な量の野菜を摂ることができていない

salad01

具体的には、成人が摂取するように推奨されている野菜の量は、1日当たり350gになります。これは、大きいサラダボウルに野菜を山盛りに詰め込んだぐらいの量です。野菜を摂ることは健康維持のために重要だと思うか、というアンケートに対して、重要であると答えた人は98%にも上りますが、全体の約半数が充分な量の野菜を摂ることができていないと回答しています。このことからも、野菜や果物に含まれている栄養素の重要性は認識しているものの、実際の食生活は理想に遠く及んでいないという現実が見えてきます。

さらに年代別に見てみると、一番摂取量の少ない20~29歳では推奨値に対して68%の238g、健康に気遣い摂取量が増える60~69歳でも92%の322gと平均摂取量は多くなりますが、推奨されている350gには届いていません。

age_vegetable_intake_chart

出典:厚生労働省「平成26年 国民健康・栄養調査」

青汁なら手間を省いて野菜の栄養がおいしく摂れる!

健康のために野菜が必要なことが分かっているのに、それでも不足してしまうのはどうしてでしょうか?その原因の一つが、野菜は美味しくないという思い込みです。レストランやファーストフードで出てくるメニューは、栄養バランスよりも味や見た目が重視されていることがほとんどです。

野菜は調理次第でコクやだし、うまみや甘みを引き出すことができますが、そのためには手間や時間がとてもかかってしまいます。そのため、集客や採算を考えた結果、簡単に美味しいと感じさせる事ができる肉類や化学調味料などに頼ってしまうのです。

vegetable01

野菜の優れた栄養バランスによって、美しい肌や調子の良いカラダを手に入れられるのに、美味しくなさそうという思い込みで健康を遠ざけるのはもったいないですよね。また、野菜を調理したり、果物の皮を剥いたりするのは手間がかかります。忙しい時にはなかなか自炊する気にはなれず、どうしても外食やでき合いのお弁当に頼ってしまいます。小腹が空いた時、包丁を取り出して果物の皮を剥き、切り分けてお皿に盛り付けるよりも、スナック菓子の袋を開ける方が簡単に済みます。

しかし、そういった忙しい人こそ、バランスの取れた栄養素が必要なのです。青汁なら、手間をかけずに野菜の優れた栄養をバランスよく摂ることができます。また、フルーツジュースなどで割ることによって、野菜の風味や苦みを取り除くこともできるので、野菜が苦手な人でもおいしく飲むことができます。なので、忙しさや、好き嫌いで野菜の摂取をあきらめている人は、一度でいいので青汁を試してみてください。