青汁はいつ飲めばいいの?時間やタイミングって関係あるの? | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






青汁はいつ飲めばいいの?時間やタイミングって関係あるの?

青汁は薬ではなく食品なので、特に決まった時間に飲む・決まった回数を飲むという制限はありません。「いつ飲むか」ということよりも「毎日飲む」ことが大切です。生活リズムに合わせて習慣化して飲むように心がけると良いでしょう。

おすすめのタイミング

朝起きてすぐ・朝食時

「健やかな1日を」と、爽やかな気分で朝に飲むことを習慣化している方も多いようです。起床後は、前日食べたものの消化が終わっていて胃は空っぽの状態です。また、寝ている間も汗をかいたりなど、代謝は行われ身体はエネルギーを消費しています。なので朝食で口にしたものは、身体への吸収率が高く栄養素も効率よく使われるので、「まず朝に1杯」欠かさず続ける習慣をつけると、野菜不足解消や栄養補給はバッチリでしょう。起床後すぐに飲む場合は、冷たくして飲むとお腹がゆるくなりやすいので、常温のお水やぬるま湯で飲むほうが良さそうです。

また、昼食・夕食の時間帯が不規則だったり、食べることを忘れてしまうという方も、朝起きてすぐ、もしくは朝食時に飲むようにするといいでしょう。もし飲み忘れがあっても、昼食・夕食時に飲むことで取り戻すことができます。

便秘解消のために

便秘解消や腸内環境の改善を目的に青汁を始める方は、夕食時や就寝前に飲むのがおすすめです。青汁の豊富な食物繊維によって、寝ている間に腸が活発に活動するので、翌朝のスッキリを実感しやすくなります。

青汁ヲタクの場合は、夜に多めに飲んでおくと翌日スッキリできるので、休日の前日の夜など週1回程度そういう日を作ってスッキリを実感しています。よければ便秘解消についての記事も参考にしてみてください。

ダイエットサポートのために

ダイエット時の栄養補給のためという方は、夕食前や空腹時に飲むのが良いでしょう。食事前に青汁を飲むことで、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。青汁を用いたダイエットについての記事も参考にしてみてください。

1日の終わりに

さらに1日の終わりに、今日1日を振り返り「あまり野菜を摂れなかったな」というときや「ここ数日スッキリ出てないな」というときには、1日の摂取量を超えない範囲で、もう1~2包(回)飲むと良いでしょう。生活リズムや体調の変化に合わせて、飲み方や飲む量を調整して、自分に合った飲み方を探してみてください。