青汁の抗酸化作用で老化を防止 | 青汁ヲタクの青汁徹底ランキング!






青汁の抗酸化作用で老化を防止

健康に良いと言われる青汁ですが、具体的にどういった効果が見込めるのでしょうか?体に害を及ぼすと言われている活性酸素と、青汁が持つ抗酸化作用についてまとめてみました。

活性酸素って悪いものなの?

活性酸素とは

活性酸素は、呼吸によって体内に取り込まれた酸素が変化したもので、体外から侵入してきたバイ菌や細菌から体を守ってくれる役割を持っています。しかし、使いきれなかった酸素は酸化し体にたまってしまうため体が錆び付いた状態になってしまい、老化を促進させたり、生活習慣病やガンを引き起こす原因をつくるといわれています。

活性酸素が血管や脳や肌などの健康な細胞に作用し、傷付けられた箇所によって、動脈硬化や脳卒中やシミ・しわ・そばかすなどのさまざまなトラブルに繋がっていきます。

活性酸素を作り出す要因は他にも

活性酸素は呼吸以外にもさまざまな要因で作り出されます。加齢やストレス、大気汚染など回避したいと思っても難しい要因もありますね。

活性酸素を作り出す要因
  • 加齢
  • ストレス
  • 激しい運動
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • 食品添加物
  • 大気汚染

活性酸素って消せるの?

人間の体には活性酸素を抑制するSOD酵素が備わっているのですが、加齢とともに生成されにくくなり、その働きも衰えてしまいます。SOD酵素は、スーパー・オキシド・ディスムターゼ(Super Oxide Dismutase)の頭文字を取った名称で、体の細胞内に発生した活性酸素を分解してくれる酸化還元酵素です。

一般的にSOD酵素は、25歳頃から低下が見られ、40歳を過ぎると急激に低下すると言われています。また、環境汚染など大気中の有害物質や食品添加物が原因で活性酸素が増えることもあるので、それぞれの生活環境によっても個人差が出てきます。

SOD酵素の働きを改善するには、SOD酵素または抗酸化作用を持つ成分を摂取する必要があります。

青汁の抗酸化作用とは

青汁の原材料となる「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「クマザサ」などには、SOD酵素やポリフェノールやビタミン・ミネラルなどの抗酸化作用を持つ成分がバランス良く入っているため、健康に良い・老化防止に良い・ガン予防に良いなど、活性酸素が関連するさまざまな症状に良いとされてきました。

以下に挙げるように抗酸化作用を持つ成分・食材は多くありますが、これらを毎日の食事にバランス良く取り入れるとなると、食材を揃えたり料理の手間を考えると負担が大きい場合もあります。そういう場合は、青汁など自分に合った手頃な食品を生活に取り入れて、健康な毎日を過ごせるように心がけたいですね。

抗酸化効果が期待できる成分・栄養素

抗酸化効果のある栄養素や食材などを一部紹介します。

  • リコピン
    • カロテノイドの一種
    • 抗がん作用、視覚機能維持
    • トマト、スイカ、ローズヒップ、ピンクグレープフルーツなどに多く含まれる
  • イソフラボン
    • ポリフェノールの一種
    • 女性ホルモンとよく似た働きをする
    • 美肌効果、骨粗しょう症予防、前立腺がん予防
    • 大豆、納豆、豆腐、油揚げ、味噌、きなこなどに多く含まれる
  • ポリフェノール
    • 植物の苦味や色素の成分となる化合物の総称
    • 自然界には5000種類以上存在
    • すべてのポリフェノールに強い抗酸化作用がある
    • 代表的なものとして、大豆イソフラボン、りんごポリフェノール、カカオマスポリフェノール、赤ワインのアントシアニン・レスベラトロール、緑茶や紅茶のカテキン、コーヒーのクロロゲン酸、ウーロン茶重合ポリフェノールなどが挙げられる
  • ペクチン
    • りんごや柑橘類に含まれる食物繊維の一種
    • 水溶性と不溶性のものがある
    • 便秘解消、コレステロール値を下げる効果、糖尿病予防
    • ペクチンは水に溶けると野菜や果物の酸と反応しゼリー状になるため、ジャムやゼリーソース、またはゲル化剤や増粘剤などの食品添加物としても使用される
  • ビタミンC
    • 皮膚や粘膜の健康維持に役立ち、肌のハリやシミ予防など
    • 免疫力を高める効果もある
    • ビタミンCは過剰摂取しても、水溶性のため体外に排出されるので心配なし
  • ビタミンE(トコフェロール)
    • ビタミンEは脂溶性のビタミン
    • 活性酸素を中和させる働きがある
    • 血行促進、血管や細胞・肌などの老化防止、性機能の向上・安定化
    • ビタミンEを過剰摂取すると、筋力低下や疲労、吐き気、下痢、骨粗しょう症、肝臓への負荷などの副作用が懸念される。
    • アーモンド、モロヘイヤ、うなぎ、かぼちゃ、ほうれん草などに多く含まれる
  • βカロテン
    • カロテノイドの一種
    • 体内で必要に応じてビタミンAに変換される
    • ビタミンAを過剰摂取した場合、脱毛や皮膚の乾燥、骨が弱る、頭痛などの副作用が懸念されるが、βカロテンを摂取すれば余った分は体外に排出されるので心配なし
    • シソ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、ほうれん草、明日葉、春菊、よもぎなどに多く含まれる
  • 亜鉛
    • 肉・魚などの動物性の食品に多く含まれるミネラル
    • 味覚を正常に保つためにも必要な栄養素
    • ミネラルの中でも特に不足しがちな栄養素といわれている
    • 牡蠣、レバー、ほや、牛肉、蟹、たまご、はまぐりなどに多く含まれる
  • セレン
    • ミネラルの一種
    • ビタミンEと一緒に摂るとより効果的
    • 免疫力向上、がん予防、男性不妊治療にも効果あり、脳血栓や心筋梗塞予防
    • かつお節、あんこう肝、たらこ、黒マグロ、真ガレイ、ズワイガニなどに多く含まれる